似ているようで違う二つの業者

これから外壁塗装を行なう人に知ってほしいのが外壁塗装業者と外装リフォームの違いです。それぞれ特徴が異なるので、比較で違いを知れば依頼先を間違える心配がありません。またエクステリアリフォームをする場合も、依頼先は異なります。

外壁塗装VS外装リフォームの違い

外壁塗装

外壁塗装とは文字通り、外壁の劣化を修理する工事をいいます。塗料の数も多く、その家にあった方法で施工をします。地域によって最適な塗料が違ったり、塗るタイミングも異なります。

外装リフォーム

外装リフォームでも外壁塗装を行ないますが、各ご家庭の外装状態に応じた施工をします。また防水工事を始め、耐震強度の施工、雨どいの交換も外装リフォーム業者が行ないます。

外壁塗装の必要性

外壁塗装をすることで外観はとても美しくなりますがそれだけではありません。建物を保護するという意味で外壁塗装が必要となります。大事な家を守るためにも、信頼できる業者の元で工事を依頼しましょう。

選ばれている外壁塗装業者

塗装
no.1

施工実績が多い業者

地域密着型の業者は、安定した人気があるので施工実績が高めであることがほとんどです。職人1人ひとりの腕も確かなので、予想を上回る仕上りが期待できるでしょう。安さより仕上りをメインに考えたい方におすすめです。

no.2

アフターフォローバッチリの業者

24時間対応の業者だと、気軽に外壁塗装の相談ができるのでおすすめです。また外壁塗装後に行われる年一回の点検が無料になる業者なら、安心して付き合っていけるでしょう。

no.3

提案力に優れた業者

人気の外壁塗装業者は、全員が職人なので打ち合わせの段階から施工後を見据えた提案が可能です。追加費用の不安もなく、正確な見積書を出してくれるところほど信頼できるでしょう。

no.4

支払い方法が紳士的な業者

原則として、施工料金は工事が完了してから支払うようです。このシステムを取り入れている業者は、お客さんに安心と信頼を与えること間違いなしでしょう。仕上り具合に納得した時点での支払いなので、詐欺被害に遭う心配はありません。

安心安全に任せられる外壁塗装業者の特徴とは?

ローラー

塗料の種類

外壁塗装に使用する塗料は、全部で5種類あります。耐久性、耐水性、汚れや色落ちを防ぐものがあり、中でも耐用年数が長い塗料は耐摩擦性、防汚性、耐熱性に大変優れています。業者とよく相談をして決めましょう。費用は、塗料の種類によって大きく変わります。

レディ

工事の目安について

外壁の場合築7年から10年頃に外壁にふれると粉が指につくといった症状が出ます。早期に塗り替えなければひび割れの原因となるでしょう。屋根塗装の場合は、5.6年に一度が理想的です。これ以上放置すると腐食によって雨漏りが発生します。

オンテックスに全てお任せ?